🐟ワクチン打ち&職場見学

先週末、弊社では、ワクチン打ちを行いました。
現在の魚類養殖では、未然に病気を防ぎ、病気にかかって斃死してしまうのを少しでも防ぐという観点から、ワクチン打ちを行います。
 一尾、一尾ワクチンを打つため、時間と労力がかかりますが、大きくなってから病気に罹ってしまうことのリスクを考えると、とても重要な作業です。

  当日は、鹿児島水産高校3年の 今(ひとやねに、カタカナのテ)和泉璃音君、上村章悟君が、職場見学へと来てくれました。
 朝早くから、ワクチン打ちの手伝いと、昼からのボート出荷の見学まで、頑張ってくれました。今日で、二人が、カンパチ養殖にもっともっと興味をもってくれていたら幸いです。 (もってくれたはず。笑)